理学療法

リハビリ!

病気で寝たきりになったり、怪我で身体が不自由になった人の運動機能を回復を図るための療法なんです。
理学療法士の先生のお仕事といえばわかりやすいですかね。ざっくり言うとリハビリの先生のお仕事の1つです。
また、身体昨日の回復だけではなく、精神面での回復を合わせて行うのが特徴的です。
たとえば、不慮の事故により著しく下肢の運動機能が低下した患者さんがいる場合、ただ単純に運動器の回復のためのプログラムを組んだだけでは回復に莫大な時間がかかります。
しっかりと心のケアを同時に進めて、心身ともにリハビリをします。
井上先生のリアルを読むと心身共に重要さがよくわかると思います。
元々は脳卒中や脳梗塞で四肢が麻痺した人や骨折した人の回復が多い傾向だったのですが、
最近では呼吸器系の疾患を持つ人やや心臓系、がん患者も対象に療法を行っているようです。
さらには高齢者の介護予防、現代人の生活習慣病に対する指導、スポーツなど、活躍の場が広がっています。
それだけ、今の社会での役割が多くなってきていることですし、理学療法士を目指す人も増えています。