物理療法で治していこう

物理療法とは

物理療法と言うのは身体に物理的なエネルギーを与えて刺激することです。
よくある電気療法や温熱療法などがあたります。良く骨折などしたときに患部にパットを当てて低周波や、弱い電気を流して刺激するものです。
これらの療法によって血液循環の改善、筋肉の弛緩作用などが働き、症状の緩和や痛みをとってくれてリラクゼーション効果も期待できます。
これら以外にもよく見かけるものでけん引療法があります。
牽引療法は首をひっぱったりする、整骨院に行くと必ず誰かやってるあれです。
すこし痛そうなイメージもありますが、これが案外気持ちいいんです。あんまり負荷をかけないように常に気にしている部位を伸ばしてくれるので、筋肉が伸びて
血液が流れるイメージを想像できます。実はこの物理療法ってはるか昔からあって当時は自然のエネルギーを利用していたのですが、技術の進歩と共に人工的な電気や周波数、などを人体に当てるという方式になっているのです。
また、薬などと比べて副作用がなく、無理なく続けることが出来るのもメリットの一つで、自然に身体を治すという観点で、身体に優しく身体を治せる療法になっているんです。

おすすめの整骨院はこちら
大宮にある評判の整骨院

Comments are closed.